写真&映像&思い出&何気ない日々の出来事 etc...             lifework♪ lifestyle♪ lifetime♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第80回・日本ダービー

武豊騎乗のキズナが素晴らしいレースで優勝した

ここ何年かの武豊は成績が良くなかった

「武豊はもう終わった」なんて言う人もいた

だけど今日の騎乗は素晴らしく「武豊にしか出来ない騎乗」だった
(細かい解説や騎乗技術は長くなるので割合します)

今にして思えばスタートして200mの時点で結果は決まっていた

後方3番手で落ち着かせた武さんは
「これでキズナの能力は100%発揮出来る、だからこれで負けるワケがないし負けたらそれは仕方がない」
という"天才"であり"ベテラン"であり

何よりずっとキズナに乗ってきてキズナの性格も能力も熟知しているからこそ出来た騎乗です

昨今は外国人ジョッキーが大レースだけ騎乗して勝つというのが多い

それは才能ある彼らが色んな国で色んな競馬をして才能と努力を重ねてきた結果でもあるし当たり前といえば当たり前である...

僕自身、かつてこの世界にいた者として「勝てなければ2着もドベも同じ」という厳しい世界だと知っているから否定的意見はない

しかし

今日のキズナの勝利とは名前の通り"絆"のもたらした勝利です

かつてディープインパクトで数々の記録と記憶を残した武豊がディープインパクトの子どもでダービーを勝つ

調教師はかつてディープインパクトで勝ったダービーの2着になり悔しい思いをした調教師

キズナのオーナーは武豊が成績が悪く厳しかった時にも支えていた方

キズナの名前の由来は東日本大震災の時
"人同士のつながりの大切さを示す意味も込め、「次の世代で一番良い馬をキズナ(絆)と名づけよう」"
という意味が込められている

ディープインパクトのときに武豊は
「この馬で勝てなければ一生勝てない」
と語った凱旋門賞(フランスの世界最高峰のレース)で3着に負けてしまた

しかしオーナーの発表でキズナで凱旋門賞に挑むという

こんなにドラマチックな事があるだろうか...




神様は時にどんなTVドラマよりドラマチックな事を起こす

でもそれは創られたものなんかではなく事実でありそこに人の血と努力があるからドラマチックなんだと思う
スポンサーサイト

【2013/05/26 18:55】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。